友好提携の蓮華温泉ロッジ訪問

未分類 2020/10/18

中部山岳国立公園

中宮温泉くろゆりと蓮華温泉ロッジはお互いに下記の様な共通点が有ることから友好提携し交流を続けています。この度は営業残り2日という時期に行って来ました。

共通点

①お互いに国立公園内に所在している。

②雪のためアクセス道路が封鎖され、年間半年しか営業できない。

③自然湧出、源泉かけ流しの100%自然エネルギー利用の温泉である。

それに加え蓮華温泉も昨年10月にアクセス道路の土砂崩れにより、予定より早く閉鎖となってしまうという土砂崩れ繋がり?? 加えて今年はコロナの影響で7月の夏山シーズンからしか再開できなかったとの事でしたが、スタッフの皆さんとも笑顔の歓談で来期のお互いの再起奮闘を誓い合いました。このHPをご覧いただいている皆様も双方の応援、よろしくお願い申し上げます。

蓮華温泉ロッジ
蓮華温泉源泉の噴気
源泉脇の野天風呂

紅葉の中宮道を整備

未分類 2020/10/18

今シーズンは中宮温泉までの道路が通行止めのため、白山に続く最長ルート(20キロ)の中宮道も北縦走路との分岐であるゴマ平まで(10キロ)の区間で通行止めとなっています。下へ来ても中宮温泉から工事現場を通らなければならなくなるからです。しかし、登山道整備を1年怠るとたちまちササや藪に覆われてしまい再開が困難となります。来年のため登山道も整備しなければいけません。そんな訳で、降雪直前に登山道整備に行って来ました。ゴマ平までの下部10キロ区間は原生林に覆われた巨木の森の連続で、アメージングな紅葉が輝いていましたので、ここで紹介したいと思います。来年はこの時期に歩いて見てはどうでしょう!(健脚向けのルートです)中宮温泉から体力に合わせて往復しても巨木の森は魅力的です。

中宮温泉を絡めて、ぜひ来年の登山計画に!!

DSC_0372
DSC_0375
DSC_0376
DSC_0408
DSC_0421
DSC_0432
DSC_0437
DSC_0441
DSC_0461
DSC_0475
DSC_0479

くろゆり背後の山はまだ紅葉していません。例年は10月末から11月頭が最高潮となります。

湯宿くろゆり
くろゆり眺望ポイント

中宮道登山口から0.8キロ地点。雄大な深山幽谷の中に佇むくろゆりを見下ろす絶景ポイントです。

秋の味覚 天然舞茸

未分類 2020/10/06

暑さが長引きなかなかお目にかかれなかった天然物も白山麓のあちこちでその噂を聞くようになりました。いつもは夕食のメニューやランチで、炊き込みご飯や天ぷら、お味噌汁などでお楽しみいただいている天然舞茸ですが、今年はそれが出来ませんので、思い切って様々なメニュー開発をしています。

舞茸バター炒め

舞茸を洋風にベーコンとバターで炒めて白ワインで蒸します。盛り付けたらコショウを加えると何とも歯ごたえのある贅沢な逸品に仕上がりました。

すき焼き

肉が見えません。ほぼ舞茸のすき焼き。牛の脂との相性は抜群。天然物は濃い味にも負けず、鍋の中でその存在感を誇示しています。ビールをグビグビ、口の中が幸せいっぱいです。

炊き込みご飯

定番の炊き込みご飯は余計な具は加えず、うす揚げの油とのコラボを楽しみます。ご飯の炊き上がる匂いが充満し、期待が高まります。

仕込み
完成

これは今年の大冒険。氷砂糖と天然舞茸をふんだんに押しこめ、40°のウォッカをなみなみと注ぎ込んだ舞茸ウォッカ!!1週間で琥珀色の舞茸ウォッカの完成です。食前酒に盃半分口に含めば舞茸の香り100倍返しです。これだけ舞茸の香りが濃縮されるとは思いもよらぬ、秘蔵品になりました。この他も白身魚とのホイル焼きなど、どの料理も自信を持って天然舞茸の歯ごたえと香りを楽しんで頂けます。来年はぜひこの時期にお越しください!この後は天然のナメコのシーズンに突入です。

センナ

これは春に作り方を公開しましたが、その際に瓶詰めしたものを冷凍しておきました。解凍して味わうと、ガツーンと辛さが脳天を直撃します。春の記憶が蘇って来ました。色々と舞茸料理を味わうのに口の中をさっぱりさせ、ついでに目も覚めます。春の山菜はこの他ウドの味噌漬けも春の風味をいただけて、アツアツご飯にも良く合います。キノコの女王天然舞茸と春の山菜を同時に味わえるとは何とも贅沢な気分になりました。

土砂崩れ現場の復旧工事は今年の雪が降るまでに完成し、来年はGWの雪解けと共にOPENの予定です。来年は今年の分まで皆様に温泉と山菜料理を楽しんで頂けるよう、研究を進めて参ります。どうぞお楽しみに!!